いのうえ小児科
アレルギー科クリニック
〒566-0074
摂津市東一津屋15-24
エトワール1F
TEL:06-6829-0223
FAX:06-6829-0226
 
 
アレルギ−疾患は、小児領域においても年々増加傾向を示しております。
当クリニックにおいては、主にアトピ−性皮膚炎、食物アレルギ−、気管支喘息の患者さんを、定期的にfollowしております。その他、蕁麻疹、アレルギ−性鼻炎、アレルギ−性結膜炎、花粉症等でお悩みの方も診療致します。
 
1
小児のアトピ−性皮膚炎は、乳児期発症の場合、中等症以下のレベルの患者さんは、2〜3歳までにほぼ完治します。逆に2〜3歳までに完治しない場合、あるいは、発症時期が1歳以上の場合は、難治性に陥りやすく、長期戦を覚悟しなければなりません。
 
2
食物アレルギ−に関しては、乳児期から該当する食物抗原を除去している場合、たいていは2〜3歳までに摂取可能になります。それは、年齢が大きくなるにつれ、徐々に食物抗原に対するアレルギ−反応は起こりにくくなってくるからです。ただし、例外もあり、学童期に到っても食物除去を継続しなければならない場合もあります。
 
3
気管支喘息の病態は、慢性持続性の気道炎症であり、短期間で症状が改善するものではなく、長期に渡ってコントロ−ルする必要があります。
気管支喘息の治療は、今や発作の治療より、予防の治療が主流になってきています。いかに発作を誘発させないかが、非常に重要な事です。コントロ−ル不良の患者さんは、将来的に大人になっても、症状を引きずることになりやすいです。
   
4
診察日は、毎週火曜日と金曜日のPM2:00〜4:00で、完全予約制です。
予約は電話でも可能です。
 
5
初診の場合は、問診票を記入していただきます。
過去にアレルギ−検査をされている場合は、結果の用紙も持参して下さい。
 
6
昼間の時間帯に都合がつかないアレルギ−疾患の患者さんは、アレルギ−外来に限らず、一般外来を利用していただいても結構です。
   
Copyright (C) 2002 いのうえ小児科アレルギー科クリニック All rights reserved.