いのうえ小児科
アレルギー科クリニック
〒566-0074
摂津市東一津屋15-24
エトワール1F
TEL:06-6829-0223
FAX:06-6829-0226
 
 
1
アレルギ−性鼻炎は、気管支喘息より寛解しにくい疾患で、三大症状として、鼻汁、くしゃみ、鼻閉を認めます。俗に言うアレルギ−性鼻炎とは、通年性鼻炎のことであり、気管支喘息と同様、春秋に症状が増強する傾向があります。一方、花粉症は、季節性アレルギ−性鼻炎とも言われ、ある一定期間に鼻症状だけでなく、眼症状も伴う場合が多いです。花粉症は,以前は思春期以降の疾患と考えられていましたが、現在は幼児期にも認められる疾患で、徐々に発症は低年齢化してきています。
   
2
アレルギ−性鼻炎の原因は,主としてダニ,ハウスダストであり,その他に真菌類等も抗原としてあげられます。花粉症を引き起こす抗原は多種存在しますが,中でも頻度が多いのはスギ花粉です。また飛散量の変動が最も大きいのもスギ花粉で,前年の夏の気候の影響を受け,夏の猛暑の期間が長ければ長いほど、花粉が十分に育ち、大量飛散につながる相関関係があります。
 
3
アレルギ−性鼻炎・花粉症の診断は、症状からもある程度推測可能ですが、客観的指標として、アレルギ−検査が必要と考えられます。代表的なアレルギ−検査として、血液検査では,抗原特異的TgE抗体定量(RAST法)であり、皮膚検査では、プリックテスト、スクラッチテスト、皮内テストであります。他に参考所見として、血中あるいは鼻汁中好酸球検査等もあります。また、アレルギ−性鼻炎の合併症として、副鼻腔炎も時々認められ、診断にはX線検査が有用です。
 
4
アレルギ−性鼻炎の治療には、@抗原回避 A薬物療法 B抗原特異的減感作療法 C手術療法等があります。

@他のアレルギ−疾患同様、治療の原則は抗原回避ですが、抗原が主に吸入抗原だけに、回避するのはなかなか困難です。しかし、アレルギ−性鼻炎に対して、ダニ対策(フトン干し等)、ハウスダスト対策(掃除,換気等)を行い、抗原量を減らす努力は必要であり、花粉症に対しても、花粉飛散時期に、マスク、ゴ−グル着用、最低必要限の外出等の対策はするべきであります。

A薬物療法の中心となる薬剤は、抗アレルギ−剤です。抗アレルギ−剤も様々な種類があり、鼻汁・くしゃみに対しては抗ヒスタミン剤、鼻閉に対してはロイコトリエン拮抗剤が主に使われます。その他、鼻閉に対して、成人の場合、トロンボキサンA2受容体拮抗剤あるいはTh2サイトカイン阻害剤も使用する事があります。一般に、アレルギ−性鼻炎に対しては、1種類だけではなく、2〜3種類の抗アレルギ−剤を併用処方する場合が多く、気管支喘息と異なり、症状の増強に合わせて調整しながら内服する方法で、経過観察していきます。勿論、長期に渡って内服継続する場合もあります。また、抗アレルギ−剤を内服継続していても、日常生活に支障をきたす時には、抗ヒスタミン剤・ステロイド剤含有の合剤が短期間必要となるケ−スもあります。一方、花粉症の場合には、花粉飛散時期に合わして、一定期間のみ抗アレルギ−剤を内服継続します。その場合にも、2〜3種類の抗アレルギ−剤を併用した方が良いと思われます。また、花粉飛散時期の症状を軽減する方法として、花粉飛散時期の1〜2週間前より、抗アレルギ−剤を内服する初期療法を行う事もあります。

Bアレルギ−性鼻炎・花粉症の唯一の根治療法は、抗原特異的減感作療法です。まず、様々な濃度の抗原エキスを用いて、皮内テストを施行し、皮内反応が引き起こされる1/10濃度より、皮下注射を開始、週1〜2回のペ−スで徐々に濃度・量を増やし、アレルギ−反応を抑制する抗体(主にIgEを介する反応をブロック)を生体内で生成させる方法です。いったんアレルギ−反応が抑制出来ると、長期間(年単位)、コントロ−ル良好な状態を維持可能というメリットがあります。逆に欠点は、治療期間が最低2〜3年必要であること、アナフィラキシ−を引き起こす危険性があること、皮下注射による痛みを伴うことです。また、抗原特異的減感作療法を施行している医療機関は少数であり、さほど普及していないのが現状であります。

C手術療法は、主に耳鼻科にて施行されます。鼻粘膜の縮小を目的とした手術として、電気凝固法、レ−ザ−療法等があり、鼻腔整復術を目的とした手術には、鼻中隔矯正術、下鼻甲介粘膜切除術等があります。いずれも、重症のアレルギ−性鼻炎で、鼻中隔彎曲症など明らかな形態異常あるいは、薬物療法で十分な効果が得られない場合が、適応となります。
 
5
最近、one airway,one disease という説が唱えられています。すなわち、アレルギ−性鼻炎を積極的に治療すると、気管支喘息の症状が軽減されたり、気管支喘息発症の予防にもつながると言われています。実際臨床の場でも、上気道感染が気管支喘息発症・悪化の原因になることが、しばしば認められます。また、統計上,気管支喘息患者の約70%がアレルギ−性鼻炎を合併しており、逆にアレルギ−性鼻炎患者の約30〜40%が気管支喘息を合併しています。さらに、アレルギ−性鼻炎が、気管支喘息の危険因子及び増悪因子であり、気道過敏性亢進の危険因子になるという報告もあります。いずれにせよ、上気道及び下気道のアレルギ−性炎症は連関していると、捉えられつつあります。
 
6
アレルギ−性鼻炎の合併症として、副鼻腔炎(蓄膿症)、中耳炎(特に浸出性)があげられます。アレルギ−性鼻炎患者で、時々合併症を有する場合には、抗アレルギ−剤による積極的な治療が長期間必要になります。
 
7
現時点では、短期間でアレルギ−性鼻炎・花粉症を完治させる特効薬あるいは手段はありません。気管支喘息以上に、気長に付き合っていく方法しかなく、日常生活に支障がない程度にコントロ−ルする事が大切であります。アレルギ−性鼻炎・花粉症でお悩みの方は、受診のうえ御相談下さい。
 
Copyright (C) 2002 いのうえ小児科アレルギー科クリニック All rights reserved.